リフォームするなら理想の形を固めておこう

役に立てる

窓ガラスを利用する時の注意点などについて紹介していきます。窓ガラスを扱う時の注意点や窓ガラスのコーティングの特徴などについて触れています。知識を深めて今後に役立てましょう。

» もっと読む

工事を行っていく時に

リフォーム工事を行っていく時に役立る内容について紹介していきます。リフォーム工事を行う時には、どういった時が多いのかなどの知識を付けておきましょう。いざという時に役に立つかもしれません。

» もっと読む

快適な生活を

自宅の設計などにストレスを感じているといった場合には、リフォーム工事を行っていきましょう。床が寒いという場合には床暖房を利用して解決していきましょう。そうすれば、ストレスを感じることが少なくなっていきます。

» もっと読む

プロに任せよう

面倒な掃除はプロの業者に任せておこう。ブラインドは一段ずつ掃除して行かなければ、ホコリが取れません。かなりの時間が掛かってしまいます。そのため、面倒になり掃除をサボってしまいがちです。

» もっと読む

何でもプロに

機器関連のことに弱いという人は少なくありません。しかし、プロの業者に頼むことで楽に解決が出来ます。自宅に電気工事が必要であると考えている場合には。埼玉にある電気工事会社に依頼して解決していきましょう。

» もっと読む

注意点について

施工後の注意点について

窓に塗るだけで、遮熱、断熱による節電や結露の対策ができる、窓ガラスコーティングというものがあります。 現状の窓に専用のコート剤を塗布するだけで遮熱、断熱効果が得られ、紫外線もカットし、冬場の結露対策もできるのです。簡単に導入でき、冷暖房効率が良くなり節電につながるため人気をあげています。 それでは窓ガラスコーティングを行う際の注意点をみていきたいと思います。 まず、窓ガラスコーティングを施工した翌日までは触ってはいけません。傷がはいりやすい状態になっているため、子供がいる家庭は子供に触らせることのないよう注意が必要です。 また、窓ガラスの掃除は1ヶ月控える必要があります。 窓ガラスコーティングをしたところにテープなど貼ることができますが、はがす時にコート剤も一緒にはがれてしまう為、注意が必要です。

窓ガラスコーティングについての豆知識

窓ガラスコーティングの注意点はわかりましたが、それでは、窓ガラスコーティングについての豆知識をみていきたいと思います。 窓ガラスコーティングには細かくどんな効果が得られるのでしょうか。 まずは、遮熱効果です。これは夏季は直射熱を大幅にカットするので室内温度が2,3度下がります。最大30パーセントの省エネにつながります。 次に紫外線カットの効果です。紫外線カット率は95パーセント以上です。日焼けや物の色あせ防止につながります。 次に断熱効果です。冬場に室内の暖房熱が窓から逃げるのを防ぐ効果があります。こちらも大幅な省エネにつながります。 結露も50パーセント以上を抑えてくれます。 耐久性も高く、夏涼しく、冬暖かい快適な部屋作りにつながるのです。